日々精進

杏。

【SWSHs17使用構築】イベルボルグロス【最高2050 最終2018/最終69位】

f:id:yoshimaru_poke:20210502133017j:image

 

f:id:yoshimaru_poke:20210502194737p:plainf:id:yoshimaru_poke:20210502194446p:plainf:id:yoshimaru_poke:20210502194401p:plainf:id:yoshimaru_poke:20210502194759p:plainf:id:yoshimaru_poke:20210502194837p:plainf:id:yoshimaru_poke:20210502194757p:plain

ザシアン入り以外へのイベルタルの制圧力に魅力を感じ、禁止伝説枠に決定しました。同じくイベルタルを使っていた友人の構築が強そうだったのでレンタルを貰いそのまま使用しました。

構築作成には携わっていないので使用感や選出、立ち回り等を中心に紹介していきます。

 

原案者の記事はこちら↓

 

 

【コンセプト】

・相手のダイマックスをいなしてこちらのダイマックスイベルタルを通す

カバルドンは最上段の2点

 

 

 

【使用個体】

 

f:id:yoshimaru_poke:20210502133636j:image

腕白 215(252)-132-151-x-119(212)-73(44)

 

残飯守るカバルドンイベルタルを通す上で邪魔になるマリルリを抜ける程度までSに割き、HBサンダー等に対して動きやすいよう残りをHDに配分しています。

守るに関してはダイマックス枯らしはもちろん、欠伸への後投げから強引に負荷をかけにくるカイオーガやウオノラゴンを何もさせずに眠らせたり、ミミッキュの呪いと合わせた詰めに使えたりととても強かったです。

ダイサンダー無効の残飯欠伸守るが偉過ぎました。

 

 

f:id:yoshimaru_poke:20210502134624j:image

陽気 201-183(252)-116(4)-x-118-166(252)

 

ほぼ全ての対戦で選出するエースです。

カイオーガ入りにしっかり勝ちたいこと、不意打ちの火力に惚れ込んだことから物理型で採用しました。

基本的にはこのポケモンダイマックスで大きく崩して試合を決めることが目標ですが、不意打ちとイカサマのおかげで非ダイマ時の性能も高く軸の禁止伝説枠として文句なしの強さでした。

挑発はダイウォール媒体の補助技として採用しています。ミミッキュの呪いと合わせた詰めはもちろん、カバルドンラグラージ展開の阻害等に役立ちました。

 

f:id:yoshimaru_poke:20210502134646j:image

陽気 131(4)-142(252)-100-x-125-162(252)

 

こちらのイベルタルの後発ダイマックスを通すため、後投げから相手のダイマックス枯らしができるこらえるイバン型で採用しています。

呪いはカバルドンの守る、イベルタルの不意打ち挑発と合わせることで多様な詰めのルートを作ることができて便利でした。

カバイベルミミッキュの選出が一番強くて詰め、崩しのルートを考えるのが楽しかったです。

 

 

f:id:yoshimaru_poke:20210502134658j:image

腕白 187(252)-156(4)-198(236)-117(12)-111(4)-81

 

ザシアン受け。目を疑うほど弱そうな構成ですがザシアン入りにはしっかり活躍してくれました。

ザシアン+カバラグへの打点として地震と草結び、サンダー絡みのサイクルを制限できるステルスロック、一致先制技は抜く理由が見つからなかったためバレットパンチ

 

選出画面でゼルネアスを牽制してくれればいいなと思っていましたが100%選出されました。

 

 

f:id:yoshimaru_poke:20210502134708j:image

冷静 185(244)-126(4)-96(44)-188(44)-122(172)-108

 

HB-特化ミミッキュの珠ダイフェアリー耐え

HD-臆病サンダーの珠ダイバーン+晴下ダイバーン耐え

 

電気無効枠かつ珠サンダーへのクッションです。サンダー、ミミッキュの下からボルトチェンジができるようにS下降補正。

主にメタグロスと合わせてザシアン入りに投げていきます。他にはカプ・レヒレ入りに対して尻尾トリックの盾になってボルトチェンジでサイクルを回したり、受け回しのアーマーガア・エアームドを倒せる駒としても選出しました。

 

馬鹿力は偶発対面を装ってバンギラスを吹き飛ばしたり、ポリゴン2ナットレイへの微打点となったりそこそこ活躍しました。

 

 

f:id:yoshimaru_poke:20210502134716j:image

意地 175-112(252)-130(236)-x-100-73(20)

 

水枠。物理地面との撃ち合い意識でAB振り。スカーフウオノラゴンやヒヒダルマが重かったため後投げの択を選べるのも偉かったです。

鉢巻はステロと砂を絡めることでHBサンダーによる受けを許さなかったり、レヒレネクロの並びにアクアブレイク連打で負荷をかけることができたりと強かったです。

 

 

 

 

【選出・立ち回り】 

 

f:id:yoshimaru_poke:20210502194150p:plainザシアン入り

 イベルタルorマリルリ+ボルトロス+メタグロス

 

サンダーにはボルトロスを、ザシアンにはメタグロスを後投げしてゴツメ+ステルスロックで負荷をかけていきます。

カバルドンラグラージに対してはイベルタルの挑発イカサマ、ボルグロスの草結びで崩していきます。

H振りザシアンがゴツメ1回+珠イカサマ+珠不意打ちで落ちること、ダイマックスを枯らした後の珠サンダーはイベルタルの珠不意打ちで縛りやすいことを意識。

最終盤当たったザシアン入りはほとんどポリゴン2とウオノラゴンが入っていたため全く安定しませんでしたが、雰囲気で5割前後は拾うことができました。基本的に不利。

 

 

 

f:id:yoshimaru_poke:20210502194922p:plainカイオーガ入り

 イベルタル+カバルドン+ミミッキュorマリルリ

 

基本的にはイベルタルが全く受からないため、初手イベルタルで負荷をかけにいきます。

ダイアタック持ちの珠エースバーンで撃ち合いにこられることが多かったですが、初手イベルタルエースバーン対面は一貫してミミッキュに即引きしていました。

イベルタル対面でのエースバーン側の選択は基本的にダイアタックorこちらのダイアーク読みのダイナックルなので、無償のミミッキュ着地が全て通りました。

そこから堪える呪いもしくはカババック→守るでエースバーンのダイマックスターンを枯らしてからエースバーンをイベルタルの不意打ちで処理したのちダイマックスイベルタルを通しにいきます。

サンダーはHBと断定してカバルドン展開に持ち込み、欠伸に対してカイオーガを後投げされた場合は守るでカイオーガが寝る、もしくはカバルドンの有利対面が継続します。

カイオーガ入りはカバルドンがサンダーの暴風混乱で一度も動けなかった対戦と立ち回りと運の両方で負けた対戦の2つ以外全て拾いました。有利構築。

 

 

 

f:id:yoshimaru_poke:20210502194952p:plain黒バドレックス入り

 イベルタル+メタグロス以外から2体

 

イベルタルの対策自体はチョッキマリルリバンギラス等でされていることが多いですが、ダイマックスによる対面処理に対してミミッキュカバルドンで受け流したり、ボルトロスの役割破壊やマリルリの高火力による一貫した崩しからイベルタルを通しにいくことでだいたい勝てました。これも有利構築

 

 

f:id:yoshimaru_poke:20210502195005p:plain日食ネクロズマ入り

 イベルタルメタグロス以外から2体

 

伝説の相性的には有利ですが、日食ネクロズマにダイスチルを積まれたりコスモパワーでBを上げられるとイベルタルでも突破できなくなってしまうため、上手くカバルドンミミッキュで流したりマリルリの有利対面アクアブレイク連打で崩しを狙います。(鉢巻アクアブレイクがHB日食ネクロズマに半分程度。Bダウンと合わせて後投げからの展開は許しません。)

微有利程度。

 

 

 

f:id:yoshimaru_poke:20210502194446p:plainイベルタル入り

 イベルタル+ミミッキュ+カバルドン(たまにマリルリ)

 

基本初手イベルタルミラーになるため、こちらはミミッキュに引いてダイマックスを枯らしてからこちらのイベルタルダイマックスを通しにいきます。

相手側もダイマックスせずに引いてくる場合もありますが、物理イベルタルへの引き先が用意されていることはほぼないため、カバルドンで盤面を整えてから同様にこちらのダイマックスを通すことを狙います。

相手のイベルタルダイマックスはミミッキュで止められるため、崩し切れると判断した場合はこちらが先にダイマックスで仕掛けにいくこともありました。

 

 

f:id:yoshimaru_poke:20210502195950p:plainゼルネアス入り

 イベルタルorマリルリカバルドンミミッキュ

 

 初手カバルドン+後発ミミッキュでゼルネアスをなんとか止めにいきます。

カバルドン対面はほぼムーンフォースを撃たれるため欠伸から入り、ダイマックスを切らせるもしくは引かせてカバ展開からこちらのイベルタルで先に崩しを狙います。

展開を許してもミミッキュで止められるつもりでいましたが、あまり立ち回りを確立できず上手いゼルネアス使いには勝てませんでした。不利構築

 

 

 

f:id:yoshimaru_poke:20210502194929p:plainムゲンダイナ入り

 イベルタル+カバルドンorミミッキュorボルトロスから2体

 

カバミミ展開からイベルタルを通すことができたら勝ち、出来なかったら負けです。

カバイベルミミの選出は後発アーマーガアで詰む可能性があるため、ボルトロスの選出も視野に入れます。

 

 

その他の構築は基本イベルタル@2 で雰囲気で選出します。どの構築相手でも相手のダイマックスを弱く使わせてこちらの後発ダイマックスイベルタルを通しにいくのが最も太い勝ち筋なのは変わりません。

 

 

 

【結果】

TNあんじゅ 最高2050 最終2018/69位

f:id:yoshimaru_poke:20210502135004j:image

 

朝6時半頃に瞬間14位(レート約2050)まで上げることができましたが、そこから不利構築に順当に2連敗して終わりました。

4/30の夜の時点で500〜1000位をうろうろしている等明らかに構築の理解と練度が足りていませんでした。

日付が変わった辺りからは手に馴染むようになり勝ち進むことができましたが、準備不足が否めなかったため反省して次シーズン以降に活かしたいと思います。S17お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スペシャルサンクス

USUMぶりに復帰して構築をくれためたおさんと通話に付き合ってくれたはばにゃん