【SMシーズン4使用構築】ラティハッサムカバマンダミミコケコ【最高2047 最終1852】

よしこぽけです。シーズン4お疲れさまでした。

今季は前季のような眼鏡蜻蛉ラティハッサムを軸としたサイクルで勝てる構築が作れず、試行錯誤しながらずっと16〜18帯を彷徨っていました。

そこで、カバ展開から積んでいくラティハッサムで前季結果を出された方の構築記事を拝見し、今季はこれをベースにしたカバ展開からの積み構築を使おうと決めました。

 

f:id:yoshimaru_poke:20170717020404p:plain

〈構築経緯〉

コンセプトとして、起点作りのHDカバルドン+瞑想Zラティオス+剣舞3ウェポンメガハッサムからスタート。

次にハッサムを通しにくい構築に出していけて、カバ展開と相性のいい2枚目のメガ枠としてボーマンダを採用。

そしてカバ展開を止めてくる水やここまでの4匹でかなり重くなるテッカグヤに強いカプ・コケコ、同様にカバの行動を許さずコケコにも強いブルルやテテフ入りに対して初手から出していけて、カバ+メガで相手を消耗させた後ラス1からの掃除も行えるミミッキュを採用し構築が完成した。

基本選出はカバ+メガ+コケコorミミッキュ

 

〈個別紹介〉

 

f:id:yoshimaru_poke:20170716235744g:plain

ラティオス@ドラゴンZ 浮遊

臆病 155-×-101(4)-182(252)-130-178(252)

龍星群 サイコショック 瞑想 身がわり

 

相棒枠で、今季から使用した色違いラティオス。(かっこいい)

受けループやブルルドヒドイデ、バシャレボルトバトン構築等に対する崩しを行う瞑想ドラゴンZ型。

基本的に出さないが出せる試合はだいたい活躍する。でも基本的に出さない。選出率は6位

 

f:id:yoshimaru_poke:20170717000133g:plain

ハッサム@メガ テクニシャン→テクニシャン

175(236)-222(252)-160-×-120-98(20)

バレットパンチ はたき落とす 馬鹿力 剣の舞

 

カバのステロ展開から全抜きを狙うエースメガ枠。

剣舞バレット、ハッサムより遅いポケモンへのサブウェポンの通りがいい構築に対して積極的に出していく。

ボーマンダがポリ2やクレセで完全に止まってしまうためこれらが見えた場合は基本的にハッサムを選出する。バシャorリザX+ヒトムのような炎が2枚いる並びに対してもステロを絡めることでハッサムを通しにいくことが多かった。

技構成はテンプレ。努力値調整に関してはHAかASかで悩んだが、Sを捨てたことにより困ったケースよりマンダの1舞恩返しや火力のないカグヤの放射、テテフのめざ炎等を耐えたおかげで拾えたケースの方が多かったためHAで正解だったと思う。速い磁力ジバコは降参。選出率は4位

 

f:id:yoshimaru_poke:20170717000518g:plain

カバルドン@オボン 砂起こし

慎重 214(244)-133(4)-145(52)-x-129(204)-68(4)

地震 ステルスロック 欠伸 吹き飛ばし

 

選出率ほぼ100%の構築の核。

技構成は起点作り型のテンプレ、努力値調整はだい木冬さんの記事から丸パクリさせていただいた214カバ。

基本的にこのポケモンから展開して起点を作り裏のポケモンの全抜き体制を整える。

アシレーヌカプ・レヒレゲッコウガ等のわかりやすくカバを止めてくるポケモンが見えた場合は必ず二番手以降に置くようにした。

エスパーZカプ・テテフ、挑発持ちのギャラドスボルトロス等型次第では全く行動を許されないポケモンと初手で対面してしまった時に即負けに繋がってしまうのが難点だった。(ほぼ切ってた)

基本的に絶対選出なため選出率は1位

 

 

f:id:yoshimaru_poke:20170717001033g:plain

ボーマンダ@メガ 威嚇→スカイスキン

意地 193(180)-191(68)-151(4)-×-111(4)-172(252)

恩返し 身がわり 羽休め 龍の舞

 

↓途中から以下の個体に変更

陽気 171(4)-197(252)-150-×-110-189(252)

恩返し 地震 炎の牙 龍の舞

 

カバ展開と相性が良く最もパワーのあるメガ枠。基本的にカバ+マンダを通して勝つことを一番の目標とする。

前述したようにポリ2クレセには完全に止められてしまうため、これらが見えたらマンダの選出は諦めハッサムを通すルートを取るようにしていた。

元々は準速で身がわり羽休めを採用した恩返し1ウェポン型で使っていたが、両メガ含めテッカグヤに有利なポケモンがコケコしかいない点、ジャローダが重くなる点等がきつかったため炎の牙を採用した最速3ウェポンに変更した。

場持ちの良さが皆無になるなど弊害はあったが、技範囲を広げたことでマンダをより通しやすくなったケースもあったため型変更した点については悪くなかったと思う。選出率は3位

 

 

f:id:yoshimaru_poke:20170515213509g:plain

カプ・コケコ@命の珠 エレキメイカー

臆病 145-×-106(4)-147(252)-95-200(252)

10万ボルト めざめるパワー氷 草結び 瞑想

 

初手カバが出せない場合の初手要員その1。めっちゃ強かった(小並)

カプ・レヒレアシレーヌゲッコウガ等のカバに強い水タイプが見えたら積極的に初手から出していく。テッカグヤにこの構築で唯一明確に有利なポケモンでもある。

瞑想を持たせたことでドヒドイデグライオンポリゴン2テッカグヤのような受けサイクルに対する崩しのコマとしても非常に強かった。+1珠めざ氷でHDグライオンが確定一発、+2EF珠10万でHBポリ2がステロ込み高乱数一発で飛ぶ等、特にグライオンでコケコを見ようとしてくるような相手に対しては有利対面で一度瞑想を積むだけでイージーウィンすることができる。(ループのラッキーは無理)

草結びによりマンムーや削れたHDカバルドン等の地面も処理できるため、メガではなくこのポケモンを通すルートを取る機会も多かった。選出率は2位

 

f:id:yoshimaru_poke:20170717002444g:plain

ミミッキュ@ゴーストZ 化けの皮

意地 131(4)-156(252)-100-×-125-148(252)

じゃれつく シャドークロー 影うち 剣の舞

 

初手カバが出せない場合の初手要員その2。テンプレミミッキュ

テテフやブルルが見えた場合は初手に置くことが多かった。初手に置いて積みZからの強引な崩しを行ったり、相手の鋼や炎に対して化けの皮を盾にZで大きく削りハッサムのバレット圏内に入れるなどの動きが雑に強かった。

初手要員としてだけでなく、カバ+メガで相手を消耗させた後のラス1掃除役、相手に先に展開を許してしまった場合のストッパーとしても活躍してくれた。

非常に使いやすく強かったが、コケコの方が通しやすい構築が多かったため選出率は控えめで5位

 

〈きついポケモン、構築〉

・挑発ボルトロス、挑発ギャラドス

カバが逆に完全に起点にされてしまいそのまま全抜きされる。

型によってはカバで問題なくステロ欠伸展開に持ち込めるため、不意にこれらの型と当たってしまうと切り返しが非常に困難だった。

 

メガガルーラメガクチート

だいたいが炎技持ちでハッサムを葬ってくる上ステロ込み+2バレットでも縛れない。

マンダも裏のクレセやポリ2で止まる&トリルで切り返されるため、コケコを通すかハッサムで先に2回以上積むしか勝ち筋がなかった。

 

 

エスパーZテテフ

初手に来られた場合ピンポイントでミミッキュを合わせない限りまず確実に一匹以上持っていかれる。カバも当然何もできずに出落ちする。

テテフが見えたら極力ミミッキュを合わせるようにして引かせるor処理して裏からカバ展開に持ち込むことを意識した。

 

・草Zバシャ、ガモス、ドラン

カバ入りに対してこれらが初手に来た場合は草Zを警戒はするが、なかなかケアが効かない上読み外すと即ゲームセットに繋がるためきつい。対策は草Z読みハッサムバック(一度だけ決まった)

 

・磁力めざ炎orZ電磁砲ジバコイル

ハッサムを無理やりキャッチして上からワンパンしてくる。

遅ければ馬鹿力でこちらが上から落とせるがだいたい向こうの方が速かった。きつい。

 

・サンダー、テッカグヤ

こちらのメガ枠両方が止められてしまうため重い。

これらに関してはコケコが強く出られるが、ナットレイドリュウズ等後出しからコケコを止められるポケモンと並んでいた場合崩す手段がなくなってしまい勝てなかった。

 

・受けループ

崩しが可能なコマがラティオスボーマンダエアームドへの急所待ち)ぐらいしかない。ラティで崩そうにもバンギに捕まると残りのラキドヒドムドー等を崩せず負けてしまった。この構築で受けループに対する立ち回りを学ぶ時間がなかったのもつらかった。

 

 

〈総括〉

f:id:yoshimaru_poke:20170717013700j:plain

(画像は最高レート更新前のものになります)

今季は初めてレート2000に乗せたのが最終日の5日前と、目標を目指すにはあまりにも時間も実力も足りていませんでした。

なんとか最高2047までは上げたものの、そこから連敗を重ね2000どころか1900に復帰することも困難になり最終日を前にして撤退という形になりました。

特に、構築の参考にさせていただいた方々が同じベースの構築でレート2100超えの結果を出している中2100に全く届かず、結局1800中盤まで溶かしてしまった自分の実力のなさを痛感しました。

来季は眼鏡蜻蛉サイクルも含めまた一から構築作りに励み2100を目指したいと思います。

ここまで読んでいただいてありがとうございました。何かあれば僕のTwitterまでお願いします。→@yoshimaru_poke