【USMシーズン8使用構築】ステルスロック+吠えるスイクン【最高2101 最終2057】

f:id:yoshimaru_poke:20180313151640p:plain

【コンセプト】

・襷ステロランド+残飯吠えるスイクンの場作りからエースを通す

スイクンが出せない場合の強力な裏選出を作るの2点

 

 

【個別紹介】

 

ランドロス@気合の襷 威嚇

f:id:yoshimaru_poke:20180313150528g:plain

陽気 165(4)-197(252)-110-×-100-157(252)

地震 岩石封じ 大爆発 ステルスロック

 

軸その1。ほぼ全ての対戦で初手に選出した。

襷を持つ事で強力な初手性能を誇り、ステルスロックを撒いた後爆発し大きく削りながら起点回避しつつ裏に繋げたりHPが1残った状態でも威嚇要員として残せたりと、裏のエースのサポート役として大活躍してくれた。

クチート軸等に対しては襷ストッパーとして裏に控えさせることもあった。

 

スイクン@食べ残し プレッシャー

f:id:yoshimaru_poke:20180313150533g:plain

図太い 205(236)-72-177(204)-111(4)-136(4)-113(60)

熱湯 吠える 身代わり 守る

 

H…身代わりが地球投げを耐える

HB…身代わりが無振りカバルドン地震最高乱数切って耐える

 

軸その2。

ステルスロック+吠える身代わりスイクンによる削りから裏のエースを通すことが今回のコンセプト。

一般的なテッカグヤや電気技のないポリゴン2等はこのスイクンの前で何もすることができず裏に引くしかないため、有利対面で身代わり→相手はスイクンに有利な駒に交代→身代わりを割られて吠える→またスイクンの有利対面ができ安全に身代わりを置く……という流れでステルスロックによるスリップ蓄積を稼ぐのが理想ムーブ。

このように上手くハマればステロ+スイクンだけで試合が終わることも多々あった。

決まれば強いが後発の電気やカプ・レヒレスイクンに有利な高速再生持ち等には弱いため、選出できない対戦も多かった。

守るを切って瞑想を採用しスイクン自身に詰め性能を持たせることも考えたが、HP管理に自信がなかったため見送った。

カバルドンの前で身代わりを置いて上から吠えるムーブがおしゃれ。

 

 

ボーマンダ@メガ 威嚇→スカイスキン

f:id:yoshimaru_poke:20180313150923g:plain

意地っ張り 193(180)-189(52)-151(4)-×-115(36)-170(236)

恩返し 地震 羽休め 龍の舞

 

メガエース。上記のランドロススイクンボーマンダが基本選出。

スリップを稼ぎ場を荒らしたあとの全抜きエースとして採用。

身代わりが欲しい場面も多くあったが、ギルガルドメタグロス等主に鋼への打点として地震は切れなかった。2回舞えばマンダを見て出てくる鋼はだいたい落ちるので、強引に2回以上舞いにいくことが多かった。

ボーマンダミラーやガブリアスを意識して耐久を削りSに回したが、特にボーマンダミラーは頻発しその多くで上をとる事で殴り勝てたため正解だったと思う。

 

 

ギルガルド@命の珠 バトルスイッチ

f:id:yoshimaru_poke:20180313150407g:plain

意地っ張り 159(188)-112(252)-170-×-170-89(68)

シャドークロー 聖なる剣 影撃ち 剣の舞

 

剣の舞+影打ちの縛り性能、ゴーストと格闘の技範囲を評価して採用。

ステロ込み+2珠影打ちでメガバシャーモメガメタグロス、霊獣ボルトロス、カプ・コケコ、アーゴヨン辺りがだいたい落ちる。

また聖なる剣が非常に強く、重めなHBポリゴン2や呪いカビゴン、呪いナットレイ等に対しての明確な回答となった。

キングシールドが欲しい場面も多々あったが、切れる技がなかったのでこの構成。ギルガルドを選出する場合は襷で耐えたランドロスを残すことを強めに意識した。

 

 

カプ・コケコ@デンキZ  エレキメイカ

f:id:yoshimaru_poke:20170717001040g:plain

臆病 146(4)-×-105-147(252)-95-200(252)

10万ボルト 目覚めるパワー氷 瞑想 身代わり

 

瞑想+デンキZの崩し性能とクチート軸やメタグロス軸への強さ、ゲッコウガキノガッサ等への圧力を評価して採用。

身代わりはカバルドン意識で草結びに変更することも考えたが、Z透かしやその他電気技読みで地面に引かれるケースが頻発することから、有利対面の安定択として選択できる身代わりを最後まで続投。

初手にランドロスが出し辛いゲッコウガ入りや、クチート軸等に対しランドロスを襷ストッパーとして裏に置く場合の初手要員として出すことが多かった。

 

 

カプ・テテフ@拘りスカーフ サイコメイカ

f:id:yoshimaru_poke:20180313150520g:plain

控えめ 145-×-95-200(252)-136(4)-147(252)

サイコキネシス ムーンフォース シャドーボール サイコショック

 

スカーフストッパー兼抜きエース。

スイクン軸で選出した際相手の後発の電気タイプやカプ・レヒレ等が重く、スイクンが苦手とするポケモンの多くに有利をとることができると考えこのポケモンを採用。

また、テテフが呼ぶ鋼をスイクンで身代わりの起点にできることが多く、そこから崩すことでテテフの一貫を作る動きも強かった。

重いCSゲンガーやゲッコウガ(技と持ち物次第)、アーゴヨン(Sブーストさせないように頑張る)にも強く、舞ったギャラドスのストッパーになり得るのも評価点。

テクスチャーポリゴンZや最速フェローチェ、1加速した準速100族付近意識で臆病スカーフでの採用も考えたが、選出と立ち回りでなんとかできる範囲だと判断し火力重視の控えめスカーフ。

元々この枠はCSフルアタメガゲンガーだったが、火力素早さともに優秀で高い抜き性能を持つこのポケモンに変更したところ選出の幅が広がることにも繋がり上手くハマった。

 

 

 

【後書きとか】

目標としていたレート2100超えを達成することができて本当に嬉しいです。

初めて2000から潜ったのが最終日の夕方で2つあった2000ロムの片方をあっさり1800中盤まで溶かしてしまい、そこから特攻したメインロムが2010から10勝2敗で2101に届き、マッチングも含めて流れと運がよかったです。

個人的には瞬間最高2100を達成できた時点で最終2100超えよりもそこから更に伸ばしたい欲の方が強く、3:30のPGL更新を確認した後連敗したらやめると決めて潜り、あっさり2連敗してしまい撤退することになりました。

2101から2085の方と当たり、ラス1最後の択に勝てば…というところまで持っていきましたが負けてしまいました。勝てば2116か2117まで上がっていただけにとても悔しかったですが、納得のいく負け方で終わったのでここが今の自分の限界だと素直に認めることもできいい終わり方でした。少なくとも2101に乗せたところで保存していた方が後悔が残った気がするのでこれでよかったのかなと思ってます。

最後になりますが、今季対戦してくださったみなさん、ありがとうございました。来季以降は2100から1勝以上を新しい目標としてまた頑張りたいと思います。

f:id:yoshimaru_poke:20180313165943j:imagef:id:yoshimaru_poke:20180313170005p:image

 

 

何かあれば僕のTwitterまで→@yoshimaru_poke

 

追記 QRパーティ公開しました(ボーマンダの恩返しは捨て身タックルに変更してます)

https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-9A05-41FC