ラティハッサムが有利を取れるポケモン達

以前はラティハッサムで相手をするのがきついポケモン達を記事にしましたが、今回はポジティブにラティハッサムの並びで強く出られるポケモン達にも触れていこうと思います

※どちらか一方が強く出られる、並びで対策できる、と言ったポケモンを挙げていくのでどちらか一方は圧倒的に不利なポケモンを挙げている場合もあります

 

ミミッキュ

現環境でハッサムアイデンティティの一つと言っても良い。環境トップのミミッキュにかなり強く出られるのは明確にハッサムの強みと言える

バレットで無振りミミッキュ程度ならワンパンできる上、Bに少し割くことで特化剣舞ゴーストZまで耐えるので基本的に勝てます(剣舞ゴーストZ+影うちは耐えられないので皮の残ったミミッキュに対する安易な後出しは危険)

流行りのABミミッキュにはバレットを耐えられますが基本的に耐久振りミミッキュはフェアリーZを持っている印象なので撃ち負けることはまずないでしょう

鬼火は知りません

 

メガメタグロス

こちらもハッサムの明確な強み

基本的にどの型のメガメタグロスにも後出しから起点にできるレベルで有利を取れる(めざ炎は知らない)

たまにアイへ怯みでゴリ押して地震、アムハン圏内に入れようとしたり冷凍パンチで凍らせようとしてくるグロスもいますが羽休めがあればまず負けることはないでしょう(レヒレのフィールドと組み合わせることで更に安定感が増します)

ラティオスも同速に勝てば眼鏡シャドボで致命傷を負わせられるしSを少し削っている個体もいるので十分戦えます

 

ナットレイ

こちらもハッサムのガン起点

たまに余裕ある対面だと思って宿り木ステロとかで悠長な行動してくるナットが多いので剣舞羽蜻蛉で好き放題できます

裏に炎がいたらごめんなさい

 

マンムー

地震で大きく削ってくるマンムーが増えたため明確に有利とは言えませんが、剣舞バレットの起点にしていくことは十分可能

ただラティハッサムの並びを見るとだいたいラティに対して地震撃ってきたりするから実はわりと面倒

 

キノガッサ

急所がなければマッハパンチを4回ほど耐えるのでバレットバレットでだいたい撃ち勝てる

レヒレ、コケコのフィールドと組み合わせることで明確なガッサ対策にもなり得ます(ゲンガーの鬼火、催眠にも同じようなことが言える)

 

メガバンギラス

無振りメガバンギラスが+2特化バレットでぴったり確定一発

炎パン持ちや龍舞エッジ急所、耐久振り個体を考えると一概に有利とは言えませんが比較的分の良い勝負ができるでしょう

 

クレセリア

完全に起点にできます

裏にいる炎牙クチートや炎パンガルーラ、ヒードラン等には不利ですがクレセに対しての蜻蛉帰りがかなり安定するので有利なサイクルに持ち込めます

 

ウツロイド

めざ炎持ちでなければ起点にできる

ジェムが等倍で入るため何度も受け出し余裕とまではいきませんが上からバレットで縛れる上、引きに合わせて蜻蛉帰り等でかなり有利に動けます

 

カプ・ブルル

相手からの有効打がない上バレットが通るのでこれもまた起点にしていけます

相方のドヒドイデヒードランには弱いのでこれらに対しては裏と合わせたサイクルによる削りが必要

 

オニゴーリ

本来圧倒的に有利なはずですがわりと無理やり突破されるので個人的には苦手意識しかない(ハッサム入りでゴーリに自身4連敗)

下から身がわりを壊して上からバレットの動きがゴーリに対してかなり強いので普通にやれば有利に戦えます。零度は避けましょう

 

(PGL上位見てたらハッサムが強く出られるポケモンはわりといたけどラティオスが強く出られるポケモンめっちゃ少なかった…)

 

・霊獣ボルトロス

サイクルを破壊してくる霊獣ボルトロスに対してラティオスはかなり強く出られます

何度も受け出しが可能なわけではありませんが対面を作れば眼鏡流星群で一撃です

裏に余裕で受けられる場合もあるので有利対面では交換読みも必要です

悪巧みに対するラティ後投げはアド

同様に低速サイクルぶっ壊してくるデンジュモクにもわりと強いです。Z催眠は知らない

 

・FCロトム

H252ロトムが眼鏡流星群でぴったり確定一発。

チョッキ持ちはワンパンはできませんが向こうからの打点もあまりないので受け出しから負荷をかけていくことができます

ただ何度もボルチェンで回されて削られたりZを食らったりすると厳しいです

 

メガリザードンY

対面有利を取ることができ、眼鏡流星群や10万で削ってハッサムのバレット圏内へ押し込むor処理することができます

めざ氷、炎技がラティにかなり入ってしまうので受け出し回数は限られる

 

ガブリアス

ハッサムとの並びでガブに対しては強く出られます

拘っている場合一貫する技がなく、拘っていなければハッサムの後攻蜻蛉からラティに繋ぐことで上から縛ることができます

ハッサムのクッション性能が生きる場面です(炎牙も一発は耐えるので)

 

 

 

………………ラティオスが強く出られるポケモンほとんど思いつかなかった( ;  ; )

 

 

不利なポケモンだけでなく有利に出られるポケモン達についても改めて見直してみましたが、ハッサムに関しては苦手な相手(主に炎)へのケアさえできれば環境トップのポケモンとも互角以上に戦えるスペックがあることを感じました

ラティオスに関してはどうしても環境的に向かい風であることは否めませんが、役割破壊Zやスカーフを持たせることで工夫したり、プレイングでカバーし上手く有利対面を維持したり交換読みで大きい負担をかけていくような戦い方ができればまだまだ戦えるポケモンであることは常に感じています(何よりかっこいい)

 

上手くこの2匹の強みを生かした上で苦手な範囲をカバーしてあげられるような構築を考えたいです

 

サムネ用

f:id:yoshimaru_poke:20170918122527j:image